胆沢養豚

TEL.0197-52-6537

こだわり

豊かな環境でのびのび育てる

 

 

 

豚は、とてもデリケートな動物。だから、胆沢養豚では豚にストレスを与えないようにワクチン等の予防接種の回数や子豚時期の移動回数を最小限にして育てております。もし、ストレスを解消できずに育ててしまうと、脂肪脂分(ラード)や背脂にリノール酸という成分を多く含んでしまい、不飽和脂肪酸成分が多くなるために脂分そのものに旨みが出ず、とてもくどいものになってしまいます。だから、のびのびと育てる。だからこそ、ストレスを与えないように胆沢養豚では、その環境や対応に最新の注意を払うように取り組んでいます。

一頭一頭の健康に徹底配慮

 

 

胆沢養豚では、生育時期に合わせて全部で6種類の飼料を与え分けています。これは、豚の成育状況・大きさなどに合わせた配慮。特に、胆沢養豚では肥育時期にポイントをおいて、与える肥育用配合飼料「ミートZ」には地養素(大麦20%、海藻、木酢精製液、ヨモギ、植物発酵粉末)を配合し、一般の豚に比べドリップが少なく、旨みが逃げにくく、調理をしていても豚肉本来の味が変化しにくい特徴の飼料を与えています。いつも健康に、すくすく育つことを願って、胆沢養豚は、1頭1頭の健康に配慮しながら育てています。※「ミートZ」は清水港飼料株式会社により製造されている肉豚肥育用配合飼料です。

 

 

弊社のお肉を使用して頂いているお客様を紹介します。

とんかつ稲   勝山館

高品質で安心・安全

 

私ども胆沢養豚は安全・安心で美味しい豚肉を生産するために、ほ乳時期から出荷まで6種類の餌をあくまでも豚の状態に合わせた給餌体系を取っております。また、胆沢養豚は、厳しい審査をクリアしたSPF認定農場です。毎年6項目からなる厳しい認定検査を受けて基準をクリアし、初めて認定農場の品質を維持しております。加えて出荷先との情報交換や年数回の自社における品質チェックも行っております。

 

胆沢養豚が目指す、これからの「高品質」 その一言を一番大切に重く受け止め、いい豚肉・質の良い豚肉をこれからも生産して参ります。

 

 

▲トップに戻る