胆沢養豚

TEL.0197-52-6537

衛生管理

病気の感染などのトラブルがある中で、健康で質の高い豚を安定してお届けするためには、様々な工夫が必要になります。養豚場の環境を整えたり、飼養衛生管理に気を配ったりすることで、日々品質を保つことに勤めています。

生後70〜80日は生まれた場所で飼育し、生まれてから出荷までの豚舎移動を少なくすることで、豚のストレスを軽減させることができます。ストレスが多いと発育が遅れ、濃くてくどい味になってしまいます。また、分娩舎は通常より3倍広いつくりとなっており、発育の良い豚を早く出荷することができます。

 

関係車輌以外の立ち入りを制限し、入り口には消毒器と専用の長靴を用意。

病原体の侵入を阻止します。

豚舎毎にも専用長靴を用意。また、消毒槽を通る事で、徹底を図ります。

 

▲トップに戻る